スポンサーリンク

円盤売上低下で円盤発売中止の作品まで現れるアニメ業界・・・アニメ円盤は消滅するのか?

スポンサーリンク
1: 2018/11/13(火) 15:02:10.29 ID:CAP_USER

発売中止の作品まで…… アニメの“円盤”は消滅するのか?

アニメのビデオソフト(DVD/Blu-ray)が今、売れていない。なかには予約枚数が100枚以下のタイトルも現れているという。

 アニメと言えば、日本のクールジャパンの代表選手、世界で人気、急成長のイメージが強い。実際に『ドラゴンボール』や『ワンピース』といった人気作のある東映アニメーションは、決算のたびに過去最高売上高・利益を更新する。絶好調だ。

■急激な販売減少、Blu-rayの発売中止も

 ところがアニメ業界でもビデオソフトに目を移すと厳しい話ばかりが聞こえてくる。かつてはテレビアニメ1タイトル1商品あたり1万枚以上の販売があればヒットと言われたが、それが8000枚、7000枚に下がり、いまはさらにそれより低い数字でも売れた方とされる。

 9月末、2018年7月から9月までTV放送されたアニメシリーズ「Phantom in the Twilight」のBlu-rayシリーズ発売中止が発表され、業界を驚かした。発売1カ月半前に突如の発表、予約金支払い後の中止は異例だ。公式サイトによれば、中止の理由は「諸種の事情」。本当の理由は、販売不振と臆測された。

 『Phantom in the Twilight』は、ロンドンを舞台に美形の人外キャラクターと共に活躍する少女の話だ。女性向けアイドルプロデュースのスマホアプリゲーム『あんさんぶるスターズ!』を日本で大ヒットさせた中国系企業のHappy Elementsの製作出資で作られた。しかし残念ながらこちらでは大きなムーブメントを生みだせなかった。

国内の製作委員会のタイトルであれば、ビデオソフトメーカーが責務として損失覚悟で発売することもあるだろう。しかし日本のアニメ業界としがらみがなければ、十分な利益がでないと分かったところで発売中止の決断もできる。

 そうした意味では、今回は製作の特殊な事情が、作品の不振を表面化させたともいえる。おそらく他社作品でも同様に採算が厳しいタイトルは少なくないはずだ。

 販売不振の大きな理由は、動画配信の普及である。15年にNetflixやAmazonプライムビデオといった外資系の巨人が鳴り物入りで日本に上陸した。国内配信サービスも対抗するためにラインアップを強化し、さらに定額見放題の普及で低価格化も一気に進んだ。

 レンタルを中心に、アニメ視聴の多くが配信に切り替わった。これがビデオソフトの需要を圧迫したというわけだ。

■深夜アニメを支えてきたビデオソフト

 「深夜アニメ」と呼ばれる子ども向け以外の日本アニメは、長らくビデオソフト業界では優等生だった。

 映像ソフト業界は全体が長期低落傾向にある。日本映像ソフト協会の調査によると04年の3753億円をピークに右肩下がり、2017年の販売金額は1876億円と半減している。

 そのなかで大人向けアニメは08年に一度落ち込んだものの、その後は13年までは安定して売れ続けた。映像だけでなく豪華なパッケージBOXやブックレット、絵コンテや特典映像、CDなど盛りだくさんの商品企画も理由の1つだ。堅調な販売から、コアファンに支えられたアニメのビデオソフトは他分野と異なり、コレクターグッズとして残っていくとの見方さえあった。

 状況が一転したのが14年だ。前年比13%減の644億円を記録、以降は15年、16年と3年連続で2桁減となる。下げ率はマーケット全体より大きく、わずか3年で3割以上の市場を失う。

 17年は508億円で16年の509億円とほぼ同じだが、マーケット全体の1割以上の大ヒットとなった『君の名は。』効果が大きい。テレビアニメについては依然厳しい状況だ。

 アニメにとってビデオソフトの販売減少は、他のジャンル以上に死活問題である。

(中略)

 むしろアニメのビデオソフトの本当の問題は、多過ぎるタイトル数にある。先に触れたように、配信会社やゲーム会社、そして海外企業とアニメ製作に流れ込む潤沢過ぎる資金が、アニメ業界の制作能力を超える企画乱立を招いている。本来は企画の数でなく、作品ごとの予算が増えればいいのだが、多くの製作元は自分だけの作品が欲しいのでそうはならない。

 デジタルコンテンツ白書などによると、10年前の大人向けアニメのビデオソフトの市場は834億円だった。これに対する深夜アニメのタイトルは155本だ。これに対して16年の販売金額は509億円、タイトル数は266本。劇場映画を除外してはいるが、市場縮小に対して作品が急増したことで競争が激化したことが想像される。

 国内のビデオソフトメーカーも、赤字作品ばかりを抱え込むわけにはいかない。製作資金は配信や海外、ゲームから回収し、保存のためにソフトと言っても、ビデオソフトの発売予定が当初からない作品が今後現れる可能性もある。

 そうなれば動画配信もされず、リアルに保存するビデオソフトにもない状態になる。映像作品にとって、観客と接点を失うのは死も同然。日本アニメ文化の一部を失うことでもある。

 今後ビデオソフトの存在をいかに維持するかが、今後日本のアニメ文化において重要な課題になりそうだ。

http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1811/13/rh_sudo101.jpg
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1811/13/news037.html

2: 2018/11/13(火) 15:03:42.11 ID:3HmiFmOj
だいたい円盤にするほどでもないつまらない作品を乱造し過ぎなんだよ
もっと本数減らしてクオリティ上げろって

 

91: 2018/11/13(火) 17:33:13.87 ID:e3NGIGDK
>>2
これ

 

92: 2018/11/13(火) 17:39:25.38 ID:y/1K33E6
>>2
本数減らしてもクオリティは上がりません

 

165: 2018/11/13(火) 20:09:44.72 ID:3CIwJG7E
>>92
これよな
何度失敗しても一発あてて元を取ってるわけで
数打つ戦略が取れないなら数回外して退場するしかなくなる

 

13: 2018/11/13(火) 15:12:26.32 ID:8rXx+C9D

大体テレビのアニメなんてタダで見れるのに、そのあと円盤を買うとか考えられん。

続編見るには円盤の売り上げが無いと駄目とか
声優も言うけど、円盤を買うというハードルが
2000m級の山を登る気分なんだよな。

 

スポンサーリンク

14: 2018/11/13(火) 15:13:27.56 ID:FxcWsmMY
イベントチケット申込券のおまけだから不人気作品は厳しいよ
最終話までリリースが終わったと思ったらすぐBOX化されるし

 

15: 2018/11/13(火) 15:14:07.71 ID:p7ztxsYU
テープが滅んだように、ディスクメディアが終焉を迎えつつあるだけでしょ
統計をオンラインでの(有料)再生数でとればいいだけ

 

45: 2018/11/13(火) 16:10:30.94 ID:AE+wP7DE

>>15
好きになった名作・傑作は手元にコレクションとして残したいってのはあるけどね。

観るだけならデジタルデータでもいいけど。

 

16: 2018/11/13(火) 15:15:22.05 ID:ctjEswwp
アニメのセルビデオは高すぎるんだよ
マニアがコレクションするための存在でしかない

 

21: 2018/11/13(火) 15:20:23.95 ID:wSlfM/5b
まぁ二話しか入ってなくて8000円とかが異常すぎただけ
アニオタもいい加減気づき始めたんだろ

 

27: 2018/11/13(火) 15:35:00.96 ID:CKysUwnU
配信での収入が増えれば
その他の収入が減るのは仕方ないところだな
それに作品数が増えれば増えるほど
一作品あたりの売り上げが減るのも仕方ないところ

 

51: 2018/11/13(火) 16:21:36.43 ID:uV8qrcUA
計算上、くっそ高いと言われる映画よりも高いもんな

 

86: 2018/11/13(火) 17:30:05.98 ID:NQw9vqCj
本当に好きな公式なら買うよ
けどそういう何度も見返したいクオリティ高い作品が少ないってだけ
特に最近のアニメは話が残念なものが多い

 

119: 2018/11/13(火) 18:40:18.42 ID:l5Lbd1cg
そんな中一万以上を売り上げるウマ娘
常々思うんだが何故このビジネスモデルの真似ができないのだろう

 

401: 2018/11/14(水) 15:17:06.02 ID:6tpDIZ3j

>>119
「このビジネスモデル」っていうのは
具体的にどういう施策のことを指してるんですか?

別業界との協賛? 金のあるところとの協賛?

 

404: 2018/11/14(水) 15:38:01.40 ID:Vz377hST
>>401
そら特典にグラブルのコードつけるってことだろ

 

173: 2018/11/13(火) 20:29:31.62 ID:tpQqsbeN
今考えればAIRとかKananとかハルヒとか円盤がバカ売れしてた時代が異様だったんだな

 

177: 2018/11/13(火) 20:33:51.98 ID:AE+wP7DE

>>173
そこいら辺の層は今スマホアプリの課金で金消費してるからな。

グラブルアニメみたいにガチャ確定チケットとか封入すればバカ売れするんじゃね?w

 

180: 2018/11/13(火) 20:42:23.97 ID:cKyzk10V
イベチケが本体だし
売れてる声優使ってライブ出来るアニメのは売れてる

 

203: 2018/11/13(火) 21:19:00.31 ID:+AC7oFT1
低質な作品で溢れかえってるからな
自転車操業でアニメ作らないと潰れちゃうから
とりあえずファンがついてる原作を適当アニメ化
低予算で作画崩壊
低質CGや尺や話数の都合で話の重要部分をカットカット
人気がある原作をレ○プレ○プ
焼き畑しまくって最早アニメ化する原作も枯渇してきた

 

235: 2018/11/13(火) 23:20:43.85 ID:+UQiICVy
ソフトは高すぎて無理だな、原作とグッズをたまに買うくらいだわ

 

262: 2018/11/14(水) 00:19:05.83 ID:5FbXumMj
まあ、円盤に特典付けなけりゃ値段は多少下がるかもしれんけど
それで売れるようになると思ってないから特典付くんでしょ

 

293: 2018/11/14(水) 05:30:08.48 ID:lT6lJ7an
売れないから価格を下げれない
悪循環だよ

 

307: 2018/11/14(水) 07:45:28.61 ID:EeKek+Bw
いまは中国向けの配信収入でなんとか補ってる
見かけ上売上増えてるのはこれな
それでも赤字が膨らんでるからアニメスタジオの倒産が増加してる
配信が増えても従来の流通チャネルは儲からないんで倒産が相次いでるわけ

 

スポンサーリンク
331: 2018/11/14(水) 08:59:44.10 ID:oKzt62VR
七星のスバルの売上58枚は衝撃だったな
円盤売上高より製造コストのほうがよっぽど高いだろう

 

333: 2018/11/14(水) 09:03:58.63 ID:mKMJocrY
円盤入替えるのめんどくさいし見るだけだったら配信で充分だし。TV放送作品だと作画や演出等限界があるから円盤で買う程かなって思って。そのかわり劇場公開作品の
円盤は買うようなったな。その辺は価値観の違いもあると思うけどね。TV作品円盤は
ファングッズの位置付けかな。それでも売れ無いならいい作品が無いのかな。

 

369: 2018/11/14(水) 13:13:41.56 ID:xG7tse86
一枚に4話で4000円
もっと早い段階で中抜きを減らして実現出来てたら
今のアニメ業界は違ってただろうな

 

402: 2018/11/14(水) 15:19:13.56 ID:8TCptPn1
一回見たらもう十分って作品ばかりなのよね

 

430: 2018/11/14(水) 19:37:12.61 ID:63pM2IHZ
普通に売るよりキャラ別総集編出した方が売れたりしてな

 

443: 2018/11/14(水) 20:53:45.63 ID:XgU7WY6g
金の使い道をソシャゲに奪われたのも大きいと思う

 

465: 2018/11/14(水) 21:53:00.00 ID:zBzmLopE
今は円盤買う金でガチャで溶かした方が良い
と言う価値観と言うか優先度だからなぁ

 

469: 2018/11/14(水) 22:23:39.05 ID:H25+c8DZ
一通りテレビか配信で見てるしなぁ
作品という宗教に寄付金払ってるようなものだし
よっぽど好きな人以外買わないでしょ

 

480: 2018/11/15(木) 00:55:23.80 ID:QcVLshu3

ソシャゲ厨「〇〇のコードついてんの?ガチャ回すより安く手に入るじゃん買うわ」
アニオタ「円盤高いから買わない!配信で十分!他に回すわ!」

もうアニメに魅力感じてないよね誰も

 

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/moeplus/1542088930/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。